祖先

新しくお墓を建てるには

人は必ず命を終え永遠の眠りに尽きます。
日本を含めた多くの国々で形こそ違えど、
お亡くなりになられた方が永遠の眠りにつくためのお墓があります。
日本では人がお亡くなりになると火葬され先祖代々のお墓に入ることになりますが、
お墓がないという場合、生前もしくはお亡くなりになられた方のご親族が建立することになります。

人がお亡くなりになってからお墓を建立するという場合、
いつまでに建てればいいか?というと、原則的に決まりなどがありません。
ただ一般的にいうと、四十九日忌や百ケ日忌、さらには一周忌などに
行われる法要にあわせて、お墓を建立するということが多いようです。

先祖代々のお墓がないという場合には、お墓を建てる必要があります。
最近はお亡くなりになる前、生前にお墓を建立するという方も多くなっています。
亡くなってからご家族がお墓に関して苦労をしないようにという考え、また自分が入るお墓ですから、
自分の考えで建てておきたいという気持ちから生前にお墓を建立するという方が多くなっているようです。

お墓を建てる場所ですが、お寺、霊園などいろいろあります。
菩提寺がある場合には、その菩提寺でお墓を建立するということになると思いますが、
最近は霊園等に建立するという方が多くなっていますね。
お墓を建てる場合には、霊園等で墓所を購入し、墓石を扱う業者で墓石を決定して建てます。

お墓を購入するという言い方をしますが、実際にはお寺や霊園の使用権を購入するということになります。
この使用権利は永大使用権といい、半永久的に墓地としての利用ができるようになります。
お寺さんの場合、お寺でしっかり管理してくれますが、霊園の場合、
普段の清掃や管理などについてどのようになっているかをしっかり確認する必要があります。

最近は新しくお墓を建立する方の中で、デザイン墓石などを利用して建立する方も多くなり、
昔ながらの長方形のお墓ではなく、個性豊かな墓石を見ることもできます。

生前にお墓を建立する際、墓石にこだわりを持ち、生前の趣味などを感じさせることができる墓石を作るなど、
最近はお墓に対しても自由度が高まっているようです。

墓地、墓石が決まり建立してもらう業者が決まったら、いよいよお墓を建てることになりますが、
新しくお墓が完成したら必ず「開眼供養」というものを行ってもらいます。
新しくできたお墓に魂を入れるという儀式なので開眼供養のことを、「入魂式」と呼ぶこともあります。

墓地、墓石を建てなくても納骨堂であれば遺骨を納めることができます。墓地、墓石よりも比較的料金が安価なため、全国でその数が増えています。
一人用の納骨堂ですと大体50万円、家族用の納骨堂ですと大体100万円くらいかかります。他にも年間管理費が5000~10000円程かかりますが墓地、墓石よりも安くすむでしょう。
中には永代供養も付いている場所もありますので、目的に合わせて選ぶのが良いと思います。