祖先

お墓を移転するには

日本は少子高齢化が進み、また核家族かも進んでいます。
田舎に両親を残し都市部で働くという方も多くなり、田舎の両親がなくなり
お墓を管理する人もいなくなったなどの場合、お墓を移転する方が多くなっています。
お墓の継承者がいなくなるという問題はどの地域でも大きな問題で、
お墓を若い世代が引き継ぐ際に、移転を考えるのです。

ただお墓の引越しは、住まいの引越しとはまた違い、
一度お墓に入ってもらった魂を新しいお墓に移っていただくことも必要となりますし、
手続きも容易ではありません。
もしこの先、お墓を移転させるという考えを持っているなら、
お墓の移転についてしっかり理解しておく必要がありますね。

お墓の移転には埋葬法という法律がかかわってきます。
お墓に埋葬したお骨を別の霊園のお墓に移転するということを「改葬」といいます。
新しいお墓に移る前にすべきことがたくさんあります。

最初に墓地を新たに建てる霊園等の管理者から、
お墓を受け入れますよという「受入証明書」という書類を発行してもらいます。
古い霊園や墓地からも「埋墓証明書」を頂き、
その地域の役場へ申請し「改葬許可証明書」という書類を公布してもらいます。

改葬許可証は古いお墓の管理者のほうへ提出し、お墓を別の場所へ移すための供養を行ってもらいます。
これを「魂抜き」といい、現在のお墓に眠る魂を抜きます。

それからお骨を移動させるのですが、あまりに古いお骨の場合、
お骨がなくなり土に返っている場合もありますので、その場合納棺棺に土を入れます。
新しいお墓の管理者に改葬許可証明書を提出し、
今度は新しいお墓に魂入れを行ってもらうために供養を受けます。
この流れがお墓を移転させるための流れとなります。

新しい墓地と古い墓地、また役場などへも書類の提出などがあり、かなり手間がかかります。
お墓を新しく建てるという方は、こうした移転等があるかもしれないということも考慮し、
お墓を建てる場所は慎重に選ぶべきですね。