祖先

お墓の管理費用ってどのくらい?

お墓を建てるためには、墓石が必要ですし墓所も必要です。
また忘れてはならないのが維持管理にかかわる管理費用です。
墓地の建立を考えたとき、管理費用についてもしっかり考えておく必要があります。

管理費用は利用する霊園やお寺さんなどによっても違いますし、利用する区画によっても違いがあります。
お墓を管理するために必要な費用となります。
駐車場や参道の整備なども必要になりますし、緑地があればその整備にも費用がかかります。
もちろん、管理する方々の人件費などもありますし、清掃のための費用もあります。

清掃には水なども利用しますし水道施設はお墓参りに行ったときに利用しますね。
こうした施設をおまいりに来た方々が気持ちよくいつでも利用できるようにするために、
管理費用が必要になるのです。
霊園によって違いがあるのですが、地域によっても管理費には違いがあるようです。

東日本と西日本を比較すると、東日本は5000円程度、西日本は6000円程度の年間管理費です。
1000円程度の開きがありますね。また東京では7700円くらい、福岡では4800円くらいと、
地域によっても大きな開きがあります。

民営の霊園と公営の霊園だともちろん公営の霊園のほうがより管理費も安くなっています。
東京で公営の場合だと年間620円程度からということなのでかなり低めです。
民営霊園の場合、5000円から15000円程度、都市型と郊外の霊園では都市型のほうが
管理費が高くなる傾向にあるようです。

寺院の場合、管理費という名目ではなく、お布施などの名目で収めるというところもあります。
費用は大体5000円くらいから25000円くらいまでと、民営と同じようにかなり金額に開きがあります。

これらの管理費は運営するところによっても大きな違いがありますので、
お墓を建てる場合には管理費についてもしっかり確認を行っておく必要があります。
また、管理費の滞納なども問題になっている施設も多く、この場合、運営側が管理費の期間告知などを行い、
それでも滞納という場合には永代使用量が取り消しとなる場合もあるようなので、
必ず収めるようにしましょう。