祖先

お墓のマンションとは

古くからある霊園で墓所の所有権を持たない個人墓所の管理が問題になっていますね。
通常霊園では管理などをその霊園の管理スタッフが行うのですが、
墓所の使用権利を個人で持っているという場合、管理も個人で・・ということになります。
でも管理される方が高齢、もしくはお亡くなりになり、
管理する人がいなくなってしまった個人墓所は荒れ果てていく一方。
高齢化の影響はこういう墓地にも出ているのですね。

またお墓に対する現代に生きる人たちの価値観も違いがあるようです。
以前は墓石がなくてはかわいそう、お墓とはいえないという方が多かったのですが、
現在はいつでも気軽にお参りに行けて近くにある納骨堂などが一番という方が多くなっているのです。
また、納骨堂も以前とは違いロッカー形式のものからもっと重厚感のあるものや、仏壇式のもの、
さらに近代的なものまで登場しているため、お墓ではないみたいというイメージもなくなりつつあります。

そんな中、まったく新しい感覚の納骨堂も登場しています。
お墓のマンションと呼ばれるまったく新しい観点で作られた現代の納骨堂です。
納骨堂にご遺骨を納めるとカードがもらえてお参りの際にはカードをかざすだけで、
保管されているご遺骨が、お参りするところまで自動的に運ばれてくるという仕掛けです。

こうした納骨堂が作られている場所は交通の便利がよく、いつでも気軽にお参りができるという利便性もあり、
多くの方が関心を寄せ、実際に利用されている方が非常に多くなっているといいます。
確かに遠くにある墓地に、「お参りに行くぞ」と準備をしていくのではなく、
「ああ、お参りに行きたいな」とさっといける場所にご遺骨があるほうがいいですよね。

パートナーなど本当に近しい人がお亡くなりになった場合、
いつでも何時でもご遺骨への語りかけを行いたいと思うものです。
お墓のマンションは狭い面積、限られた土地しかない日本にとって、
とても利便性豊かなこれからのお墓・・・というイメージです。