祖先

納骨堂とは

ご高齢者に納骨堂を利用するなどというと、そんなところに・・・と怪訝を示す方も多いと思います。
というのも、納骨堂が持つ意味が現在と過去とは違いがあるからです。

納骨堂の趣旨は以前、一時的にお骨を預かるという場所だったのです。
後にお骨を本当の墓地に埋葬する、けれども今お骨を安置しておく場所がないので
納骨堂に一時的に安置するという感じです。
でも今は納骨堂をお墓として恒久的に祭祀する場所として利用する方も多くなっています。

恒久的な祭祀の場所として利用されるようになった納骨堂ですが、
作られた当初はまるでコインロッカー的なもので、お亡くなりになられた大切な方が眠る場所としては
寂しすぎるという意見も多かったようです。

でも、ロッカー形式から立派な仏壇型や墓石型などが登場し、
お墓という要素が見た目にも理解できるようになってから、
納骨堂を利用するというご遺族もかなり多くなっています。

お寺さんでの納骨堂は、たとえお寺内部の納骨堂であっても檀家になる必要はなく、
お布施も寄付金などもかかりません。
宗旨宗派にこだわりがないお寺もありますし、こだわりがあるお寺もありますので、確認が必要です。

民営の納骨堂の場合、宗教法人や社団法人等の運営が多く、広告や販売は代理店によって行われています。
さまざまな形状の納骨堂があり、通常のロッカー方式から仏壇方式、
さらには施設内霊園といった感じの墓石があるタイプなどさまざまです。

公営の納骨堂は、公営の霊園と同じく募集をかけると
あっという間に埋まってしまうというくらい人気があります。
やはり民営の納骨堂などと比較すると費用がかからないということが魅力なようです。
ただ公営の場合、その地域の居住年数やご遺骨が手元にあることなど、
条件や制約が多いということも覚えておきたいことですね。

最近は近代的な機械式の納骨堂も登場しています。
ご遺骨を納めた御厨子を礼拝室に移動させてお参りができるという新しいタイプの納骨堂です。
24時間お参りができるという施設もあり、最近人気となっています。