祖先

墓地・霊園はどんな所で買うのが良い?

日本は土地が狭いため、墓地もだんだんと利用できるところが少なくなっており、
都会などでは民営の霊園で屋内にお骨を安置するという施設なども登場しています。
お墓を建てるときには、まずお墓を建てるにあたり何が一番のポイントになるのかを、
ご家族ごとに考えていく必要があります。

費用などを考慮せず理想のお墓を考えると、
まずお墓参りに行く際に交通の利便性が高いところがいいでしょう。
あまりに遠いとなるとなかなかお墓参りにいくこともできなくなります。
親世代から子世代になったときでも、いつでもお参りにいける
立地条件のいいお墓を建てることができれば、それに越したことはありません。
また自然豊かでゆっくり静かに眠ってほしいという願いもありますので、
緑が多い場所にある墓地を選びたいというご意見も多いようです。

現在の日本は経済状態が不安定です。
毎日の生活が精一杯という方も多く、お墓もできる限り低予算で建立したいというご家族も少なくありません。
費用をポイントに置きやすく購入できるお墓を探すという場合には、公営墓地などがいいでしょう。

公営の場合、区画などが決められているということがありますが、
民営や寺院と比較すると格段に費用が低く設定されています。
ただ募集に限りがありますので、公営で利用できる墓地を探すということが大変な地域もあります。

安いからといってかなり交通の便が悪い場所にお墓を建ててしまうと、若いうちはいいのですが、
年齢を重ねて足腰が弱くなってくると、遠い場所にあるお墓にお参りに行くという事ができなくなってきます。
お墓までの距離がかなりあるという場合でも、子通の弁がいい場所であれば、
年齢を重ねても通うことができますので、場所はとても重要なポイントになるでしょう。

また墓地が階段をかなり上った上にある・・・という立地条件だと、
やはり年老いてからお墓にいくということが大変になりますので、階段があるかどうか、
傾斜がかなりあるかなど、墓地が建立されるその場所についても、確認が必要です。

そのほか駐車場の台数がどのくらいあるのか、水道などの設備はしっかりしているか、
売店や法要が行える施設などがあるかどうかなども、お墓を建てる上での大きなポイントになると思います。