祖先

墓地の費用と墓石の費用

お墓を建てるというのは大変なこと。
いろいろしなくてはいけないことがあるということも大変ですが、
費用的にもきちんと準備しておく必要があります。
お墓を建てたあとのこと、管理費や供養に関する費用も把握しておく必要があります。

まずお墓を建てるということは永代使用料が必要ということになります。
実際には購入するというよりも永代使用料を購入するという考え方になります。
ただこの永代使用料は利用する墓地の契約によって違いがありますので、
どういう契約になるか契約をしっかり確認する必要があります。

墓地にはお寺、公営や民営の霊園等がありますが、その墓地によっても料金が異なります。
費用を低く抑えて墓地を購入するという場合には、やはり公営霊園などが一番安く利用できると思います。
ただ公営墓地の場合利用できる区画などがあらかじめ決められているため、
今多くなっているデザイン墓地などの建立ができないということもありますので、これも確認が必要です。

民営の場合には広さ的に決められた区画があるというところもありますが、
いろいろな区画を提供してくれるという霊園もあります。
それぞれ金額が違いますので、費用を安く抑えるか
それとも自由度の高いお墓を建立し費用はある程度かかっても仕方なしを考えるか、
お墓を建立する方の考えによるでしょう。

墓石の金額もその墓石の質によって大きな違いが出てきます。
墓石は高いものなら1000万円クラスのものもあります。
一般的に数十万円からありますが、これは墓石の耐久性などに限ったことではなく、
産地や希少性などがかかわってくる金額です。
どのような墓石を利用したいか?ということによって金額が大きく変わります。

寺院にしても墓地、霊園にしても管理する必要があります。
どこの霊園でも寺院でも管理する方がいますので人件費もかかりますし、
水道施設や駐車場、また公道整備などもありますので、管理費もかかってきます。
一般的に民間霊園では5000円くらいから10000円の管理費となるようです。

お寺などの場合にはお布施という名目での管理費納入となりますが、
この場合も5000円くらいから25000円くらいの管理費が一般的なようです。

ただこうしたお墓を建てるために必要な費用というのは、どの地域でどんな霊園や寺院に建立するか、
また墓石をどんなものにするかなどによって大きく違いが出てきますので、
霊園等の費用、管理費、墓石の費用などをある程度把握してから建立計画を立てていくといいでしょう。