祖先

お墓の種類

墓地と一口に言っても種類があります。
以前日本では各家庭に菩提寺がありそのお寺さんでお墓を建立するということが通常でした。
でも今は核家族化が進み、また地方ではなく都市部で家庭を築いている方も多くなっています。
最近はお寺さん以外の霊園でのお墓建立が多くなっています。

お墓には公営墓地、民営墓地、寺院、さらには村落や個人墓地などがあります。
古くからの墓地というと、村落や個人墓地です。都会にはほとんどないといわれていますが、
墓地の埋葬などに関しての法律制定がある以前は、
村落で村民が共有して管理していた墓地が存在していました。
その当時は墓地を建立するに当たり、現在のように都道府県の許可が必要ということがなかったため、
こうした村落墓地があちこちにあったのです。

現在は都道府県知事許可が必要となったので、新たに村落墓地を建てるということはできませんが、
法制定以前に建立されてきた墓地に関してはそのままの利用となっています。

田舎のほうに行くと個人宅の庭や裏山などに、個人墓地が建てられていることもありますね。
もちろん今は墓地に関する法律の制定によって、
個人の私有地であってもお墓を新たに建立するということは認められていませんが、
法律制定以前の段階で私有地に墓地があったという場合、現在も継続して利用できるようになっています。

先祖代々の菩提寺があるお寺さんでのお墓の建立も、古くから行われてきました。
お寺さんで新たに墓地を建立するということは、
お寺さんの住職に常に供養をしてもらっているという安心感もありますし、
いつでもお墓に行くことができるという利便性もあります。

また法要などの際にも、住職に霊園まで来てもらい法要をするということもなく、
お寺さんでできるため、面倒がありません。
ただ、新たにお寺さんでお墓を建てるという場合には、
檀家にならないと建立できないというお寺さんも多いので、確認が必要です。

民営墓地はかなり自由度が高いお墓で、公営墓地よりも費用的にかなり高くなりますが、
デザイン墓石での建立ができる、宗教宗派にこだわりなくどんな宗教の方でも利用できるという特徴があります。
最近多くなっているデザイン墓石も、区画が自由に決められる、
もしくはいろいろな広さの区画がある民営墓地なら建立ができます。

費用的に一番リーズナブルなのが公営墓地です。
昨今の不況の中、公営墓地の需要は高くなるばかりで、まれに募集があっても人気があるため
抽選となって結局購入できなかったなど、競争率が非常に高くなっています。
区画があらかじめ決められているため、かなり小さめの区画の霊園もあります。
また条件として日本国籍であることや、その地域の住民であることなどの制限や条件もありますので、
確認が必要です。